ニュース

2017/12

22

(金曜日)

部活動レポート

フットサル部「年末スペシャルカップ2017」試合レポート

先日12月17日(日)にクーバー・フットサルパーク神戸にて上記の大会に参加しました。

本校フットサル部のABを含む10チーム参加で予選リーグ、決勝トーナメントを行う大会となりました。

 

【結果】

(常盤A)               

~予選~                    ~準決勝~

vs FLORESCER 4-0 勝         vs Lien FC 1-0 勝

vs laugh bump 0-1 負    

vs 三木フットサルクラブ 1-0 勝    ~決勝~

vs 姫路日ノ本短期大学 0-0 分      vs laugh bump 1-2 負

 

2勝1敗1分、2位で決勝トーナメントへ      《準優勝》

                         

(常盤B)               

~予選~                    ~順位決定戦~

vs ナオ With akala 0-2 負        vs FLORESCER 0-0 

vs AUNTSCER 0-1 負                  (PK:1-3)負

vs Lien FC 0-2 負    

vs ファンタジー 1-1 分          《10位》

 

0勝3敗1分、4位で順位トーナメントへ

 

 

Aチームは練習してきた攻撃面を意識してスピード感のある攻撃を展開できました。

得失点差で予選2位に入り決勝トーナメントへ。

準決勝も高い位置で奪ったボールで1点を取り、相手の分厚い攻撃も人数をかけた守備で守りきりました。

決勝は予選で負けた相手との再戦で1点先制されたものも、取り返し、勢いが出てきましたが最後にセットプレーから隙をつかれて失点。

惜しくも準優勝でした。

課題はシュートのタイミングを意図的に作ること。

攻めていてもシュートにいけないシーンが多いので、戦術メモリーを増やし、シュート数を増やしゴールの確立を増やしたいと思います。


Bチーム前にボールを当てる意識はあり、そこから攻撃を展開することも少しできました。

しかし、全体的にボールへのかかわりが少なく、ボールを奪われるシーンが多く、守備の時間が増えました。

惜しい試合もあったものの、勝ちきれなかったのも課題です。

最後のPK戦もメンタル面で負けていました。

 

A,B共に試合に向けての準備がまだまだ不足しています。

練習や試合の日の準備の質はどうなのか。

自分で考えて行動できるか、それがプレーにもつながります。

そこを一人一人がどのように考え、行動し、変わっていけるかがこの大会を通じて大きな課題として見えました。

 

対戦チームの方々、スタッフの方々、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

 

 

121701.jpg121702.jpg

2017/12

22

(金曜日)

部活動レポート

【硬式テニス部】兵庫県ウィンタージュニアテニス選手権大会

12月10,16,17日にしあわせの村テニスコートと明石公園テニスコートにて個人戦(シングルスのみ)が行われました。

とても寒い中でしたが、それぞれが全力で試合に挑みました。

DSC_0029.JPGウィンター以降はオフシーズンとなり、3月まで試合がありません。

この期間でさらなるレベルアップをして来シーズンに今年を超える結果を出すよう準備していきます。

応援よろしくお願いします。

2017/12

14

(木曜日)

トピックス

「神戸常盤大学・入学前オリエンテーション」を行いました(高大連携)

12月14日(木)、神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部入学予定者を対象に「第1回入学前オリエンテーション」を実施しました。

本校では神戸常盤大学進学予定者が入学後に、スムーズに授業に入っていけるようしっかりとサポートをしています。

まず初めに、濵田学長からお話をして頂きました。

IMG_4708.JPGIMG_4709.JPGその後は各学科に分かれ、学科の先生が方からお話をして頂きました。

学科での勉強内容や年間のスケジュール、入学までにやっておいてほしいことなどをお聞きしました。

また、入学前課題についての説明も受けました。

生徒たちは不安に思うことなどを質問しました。

IMG_4712.JPGIMG_4717.JPGIMG_4723.JPG柳教授からは、「大学で学ぶということ」、「入学までの時間管理」について、お話をしていただきました。

IMG_4726.JPGIMG_4730.JPG最後に、「今日の振り返りから行動しよう!」ということで、今日からの目標をクラスメイトや先生方の前で全員が発表をしました!

2月には「第二回目の入学前オリエンテーション」を実施します。

2017/12

14

(木曜日)

トピックス

「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」を支援するための募金活動を行いました

12月14日(木)、吹奏楽部と生徒会の生徒たちが「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の患者や研究を支援するための募金活動を行いました。

生徒たちは登校時と放課後に、校門前や校舎の出入り口付近に立って、在校生や教職員に募金を呼びかけました。

IMG_4692.JPGIMG_4697.JPGIMG_4701.JPG吹奏楽部ではかねてより、筋肉が骨に変わる「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」治療研究を支援しようと、定期演奏会や文化祭などで募金活動を行っています。

お預かりした募金は、支援団体「FOP明石」に寄贈いたします。

筋肉が骨に変わる「進行性骨化性線維異形成症」(FOP)と闘う明石市の山本育海さん(18)と、難病の治療研究を支援しようと、神戸常盤女子高校(神戸市長田区)の吹奏楽部員が4日、定期演奏会の会場で集めた募金2万2491円を、支援団体「FOP明石」に寄贈した。
筋肉が骨に変わる「進行性骨化性線維異形成症」(FOP)と闘う明石市の山本育海さん(18)と、難病の治療研究を支援しようと、神戸常盤女子高校(神戸市長田区)の吹奏楽部員が4日、定期演奏会の会場で集めた募金2万2491円を、支援団体「FOP明石」に寄贈した。
筋肉が骨に変わる「進行性骨化性線維異形成症」(FOP)と闘う明石市の山本育海さん(18)と、難病の治療研究を支援しようと、神戸常盤女子高校(神戸市長田区)の吹奏楽部員が4日、定期演奏会の会場で集めた募金2万2491円を、支援団体「FOP明石」に寄贈した。

2017/12

13

(水曜日)

トピックス

「ときわ病院見学実習」を実施しました(看護医療コース2年生)

12月13日(水)、看護医療コース2年生29名を対象に「ときわ病院見学実習」を実施しました。

最初に、看護部長より看護や病院についてのお話をして頂きました。

今の医療の現実やチーム医療の大切さなど、非常に為になるお話をして下さいました。

IMG_4648.JPGIMG_4647.JPG続いては、いよいよ病棟での見学実習がスタートしました。

5グループに分かれて、看護活動の見学・体験をさせていただきました。

まず初めに、リハビリテーション室や臨床検査室などを見学させて頂きました。

そこで、理学療法士の方や臨床検査技師の方から、仕事内容の説明や専用の医療機器などについてのご説明を受けました。

IMG_4656.JPGIMG_4659.JPGIMG_4660.JPGIMG_4665.JPGその後は各病棟の病室を見学させて頂きました。

食事時において肺炎予防のためにお茶にとろみをつける工夫をしていることや、ベッドサイドのセンサーキットについてのご説明、補助具(車いすや歩行器)の説明をしていただきました。

IMG_4673.JPGIMG_4678.JPG「通所リハビリテーションセンター」も見学をしました。

そこでは、リハビリで使用する器具を体験しました。

また、患者様からお声かけ頂き、生徒たちにエールを送っていただくなど、生徒から笑顔がこぼれる場面もありました。

IMG_4681.JPG午後からは班ごとに体験したことをまとめて発表し、体験したことをクラスで共有しました。

生徒たちは緊張しながらも、楽しく、有意義な時間を過ごすことができたようです。

ときわ病院の職員の皆様、本日はお忙しい中生徒たちのために時間を使っていただき、誠にありがとうございました。

 

ページの上部へ