学校紹介

私たちが目指す教育。それは3年間を通じて一人ひとりが夢や目標を実現できる力を身につけることです。そのために大切なことは、学力や知識はもちろん、仲間と共に過ごす時間の中で培われる、社会人として必要なコミュニケーション力です。女子校という自分らしく本音で生きられる環境で、人を思いやる優しさ、素直に自分を表現できる心などを育んでください。
また、100余年を超える伝統と歴史、将来を見据えた高大連携の絆、自然や子どたちとの触れ合い、ボランティア活動など通じて「生きる力」を養うことができます。生徒、先生、地域、社会など「寄り添う教育」の中から「生きる力」を見つけ、未来へ大きく羽ばたくことを願っています。

教育の特色

本校では以下の四つの教育方針を堅持しつつ、基本的なものの考え方、寛容の精神、豊かな常識を弁えた社会人を育成することを目標としています。

  1. 1. 一人ひとりの個性に応じた教育 
  2. 2. 知性ある女性を育てる教育
  3. 3. 家庭・社会の一員として生きる技術の習得を目指す教育
  4. 4. あたたかい家庭的な教育

沿革

1908年(明治41年) 校祖玉田貞也 私立家政女学校創立
1915年(大正 4年) 私立神戸高等家政女学校と改称
1921年(大正10年) 神戸家政女学校と改称
1929年(昭和 4年) 神戸高等家政女学校と改称 旭竟恩第二代校長就任
1932年(昭和 7年) 専攻科・裁縫専修科設置
1941年(昭和16年) 玉田貞也第三代校長就任
1942年(昭和17年) 松井茂雄第四代校長就任
1944年(昭和19年) 玉田学園設立 神戸女子商業学校と改称
1946年(昭和21年) 神戸高等女学校と改称
1947年(昭和22年) 末包留三良第五代校長就任
1948年(昭和23年) 神戸常盤女子高等学校・神戸常盤中学校と改称
1949年(昭和24年) 旭一美第六代校長就任
1967年(昭和42年) 玉田学園神戸常盤短期大学幼児教育科衛生技術科開設
1978年(昭和53年) 田村豊第七代校長就任
1984年(昭和59年) 旭次郎第八代校長就任
1989年(平成元年) 神戸常盤短期大学教養科開設
2001年(平成13年) 神戸常盤短期大学看護学科開設
2002年(平成14年) 須磨邦彦第九代校長就任
2003年(平成15年) 教育課程改訂看護医療特進コース設置
2005年(平成17年) 足利誠薫第十代校長就任
2008年(平成20年) 神戸常盤大学開設
短期大学部に口腔保健学科設置
創立100周年記念式典
2011年(平成23年) 普通科特進コース改組(幼教特進、四大特進、看護医療特進)
2013年(平成25年) 木村光雄第十一代校長就任

 

ページの上部へ