ニュース

2019/01

09

(水曜日)

トピックス

ふるさと納税制度を活用して神戸常盤女子高等学校を支援できるようになりました

ふるさと納税制度を活用して神戸常盤女子高等学校を支援できます。

このたび、神戸市ではふるさと納税を活用した「私立高等学校の応援」というメニューを新たに創設し、寄附を募ることになりました。
この制度は寄附者が支援したい学校を選択してふるさと納税(神戸市に寄附)
を行います。

神戸市は、寄附額の90%を寄附者が指定する学校に「私立学校振興助成」として助成することになっています。

この助成は使途に一定の制限がありますが、「スポーツ・文化活動」「グローバル(国際)教育」「キャリア教育」「ICT教育」など学校教育環境の充実に活用されます。

 

ふるさと納税制度は寄付金控除が適用され、地方公共団体に対して1年間に2,000円を超える寄附をした場合、その2,000円を超える部分について所得税と住民税から控除を受けることができます。(ただし控除額は収入・家族構成によって上限があります。)

 

ご協力いただける場合は、「神戸市ふるさと納税」をクリックしていただきお申込みください。
なお、自治体からのアンケート欄の応援したい学校名に「神戸常盤女子高等学校」と必ず入力してくださるようにお願いします。
また、学校への個人情報提供の可否欄について、「同意しない」を選択されますと御礼状等が発送できなくなりますのでご了承ください。

ページの上部へ